2018 / 02
≪ 2018 / 01 - - - - 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 - - - 2018 / 03 ≫


3月12日日曜は、ミューザ川崎シンフォニーホールへ行きました。
このホールは初めてでした。ステージの周り360度が全て客席で大きなホールでした。
私の席は4階だったので、エスカレーターで何回か乗ったら到着と思いきや、その後階段も登り、やっと到着。随分高いところにある席でした(*^^*)

オケはハンブルク北ドイツ放送交響楽団でピアノはアリス・紗良・オット。

ベートーベンとリヒャルト・シュトラウスの作品を演奏

やはりヨーロッパのオーケストラは違います。リズムが軽く、淀みなく流れ、聴いていて心地よく、楽な気持ちになります。

ドイツのオーケストラが自国の作曲家の作品を演奏するのですから、やはり自然に流れ、しっくりくるのは当たり前ですね。

アリス・紗良・オットのピアノも若さいっぱいで小気味の良い演奏でした。
ドレスの裾がマーメイドのようで、ステキでした。

次は彼女のソロリサイタルも聴いてみたいです。

伊藤ピアノ教室

Author:伊藤ピアノ教室
千葉県鎌ケ谷のピアノ教室
  

ホームページ