FC2ブログ
2019 / 01
≪ 2018 / 12 - - 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 - - 2019 / 02 ≫

2019011023241834d.jpeg

前回、書きました音楽かるたで遊びました。

写真は4年生のわきさんが読み札を読む係、6年生のことみさん、わきさんのお母さん、私が最後の2枚を取ろうと狙っています^_^

新年、最初のレッスン、楽しくなりました。

今日は先月の発表会の感想を聞き、ご父兄、生徒さんに、次回はどういう演目をやりたいかなどを自由に話して頂きました。

たくさんのご意見を頂いて、有り難いのです!
私が気がつかないことも多々ありました。

私から、これから1年の教室の行事予定、ステップやコンクールの参加について話しました。

また、ご家庭の練習の状況についてもお聞きすることが出来て、ハッとすることもありました。

入会して、半年程のご父兄から、発表会の様子を見て、

生徒さん、ご父兄とも仲がよく、みんなで協力して発表会をお手伝いして、楽しんでいますねと感想を頂きました。

とても嬉しいお言葉でした。

これからもみんなで協力してやっていくのが理想です♡



201901091137244c7.jpeg


今週は、幼稚園年中さんの初レッスンをしました。
体験レッスンは11月末でした。

毎年、このお子さんとお母さんは12月の教室発表会を聴きにいらしてくださっているそうで、とても有難いです。

ご家族以外の方がいらしてくださるのは、励みになりますね!

楽しいレッスンをしていこうと思います。

体験レッスンではピアノ初体験で緊張している様子でしたが

この日は最初からリラックスして、太鼓を叩いたり、歌ったり、反応よく、流れよく、レッスンが続いていきました。

やはり、体験レッスンが楽しかったからかなと嬉しくなりました。

体験でお渡ししたチューリップ、大きな太鼓もスラスラと弾けました。

これからがとても楽しみです。

写真は音楽カルタ、木更津のはまだ先生がブログで紹介してくださいました。

新年の初レッスンでやっています。みんな、真剣な表情で可愛らしい♡

楽典が無理なく、自然と学べます^_^

20190109084108fcd.jpeg

先月から3月の卒業式の伴奏のオーディションが小学校、中学校で行われています。

小学6年の生徒さん、頑張って練習しています。
4曲ほど、楽譜が渡されたので、その内の弾きたい2曲を弾けるように練習することに決めました。

どの曲もなかなか難しい^_^

練習を積まないと弾けるようにならないねと
生徒さんのやる気を確かめ、応援します。

発表会が終わったばかりで良かった。
指もよく動いていて、練習がはかどるようです😀

写真は、中学生、今日から伴奏曲のレッスンを始めました。塾、部活だと、大変そうですが、真面目に取り組んでいます

発表会もとてもよく弾けて、聴いていたお客様に「ステキでした」と声を掛けて頂いたそうです。

これからピアノを続けていく上で、こんな出来事は大きな励みになりますね。とても嬉しいことです。

あっという間に春が来そうです!
ワクワクの春が来てほしいです。

2019010421065912e.jpeg

昨日は、NHKニューイヤーオペラコンサートに行ってきました。有名なオペラのアリアの数々、贅沢なプログラムでした。

私は学生の頃、学外の声楽家にレッスンを受けていました。歌に熱中していた時期があったのです。

その頃、友達と歌ったアリアが演奏されて、懐かしい気持ちになりました。楽しく歌っていた学生時代のワクワクした気持ちになっていました。

しばらく離れていた歌の世界、やはり音楽はいいなと実感しました。来年も来ようねと友達と約束しました!







20180710184213117.jpeg
20181231205031262.jpeg
2018123120542715f.jpeg


今年も後2時間と少しで終わり、新しい年が始まります。

今年は、大人のクラスは9月のコンサート、子供のクラスは、7月のアンサンブルコンサート、12月の教室発表会を開催しました。

教室の生徒さん、ご父兄に一緒に企画を考えて頂いたり、スタッフとしてお手伝い頂いたり、楽しく開催できたことに感謝です。

来年は、大人のクラスの皆様にも、フルート、トランペットなどピアノ以外の楽器とアンサンブルするステージを考えています。

子供たちは、生徒さん同士の交流を深める企画をたくさんしたい思います。

連弾のステージは楽しく、ワクワクしましたね。演奏者もご父兄も笑顔になりました。そんな企画を考えます。

来年は、どんな年になるでしょうか。皆様と楽しみながら、進んで行きます。

伊藤ピアノ教室

Author:伊藤ピアノ教室
千葉県鎌ケ谷のピアノ教室
  

ホームページ